のんびりはるろぐ

遠距離恋愛中の20代女、一人でいる時間の過ごし方を模索中。

心臓を鷲掴みにされるロックバンド【WOMCADOLE】

f:id:nonbiriharulog:20190220094756p:plain

IMPACT!ⅩⅣ出演アーティスト予習企画、第1弾はWOMCADOLEです。

予習企画ということで紹介するけど、WOMCADOLE(ウォンカドーレ)は元々聴いていたバンドのうちのひとつ。

 

 

WOMCADOLEで最初に聴くべき1曲 

初めて聴いたのは、綺麗な空はある日突然に

Youtubeで2015年に公開されたMVは2019年2月時点で226万回再生されています。

 


【MV】 WOMCADOLE / 綺麗な空はある日突然に

 

最初の数十秒で、おや?これは最近のナヨナヨしたバンドとは違うかも!と期待が高まりました。

そしてサビ前で確信。

もうなんていうか…魂の叫びっていう感じで、刺さる。

 

低めで荒々しさのあるボーカル。

ずっしりと支えるリズム隊。

シャウトと重なり合うギターソロ。

心臓をぎゅっと掴まれる感覚になる。

 

この曲は彼らが10代の頃の曲だというのだから驚きしかない。

2011年に滋賀で結成されたWOMCADOLE。

2013年には、10代限定ロックフェス(という名のオーディション)『閃光ライオット』のファイナルステージまで進出。

MV公開は2015年だけれども、2013年発売の1st demo Albumにはすでにこの曲が収録されています。

 

その後活動休止期間を経て、現在は全国区で活動中です!

 

個人的おすすめはロックバラード 

次は2018年にリリースされた1st Full Albumよりお気に入りの1曲、馬鹿なくせして

MVは賛否両論あるから1回目は目を閉じて聴いてもいいかもしれない。

映像見ながらだとついMVの展開に気を取られてしまう…。

 


【MV】 馬鹿なくせして / WOMCADOLE

 

沁みる。

本当にいい歌い方するなぁ。

感情や衝動や言葉が直に心臓に伝わってくるから、曲の中に丸ごと取り込まれてしまう。

 

この曲を聴いても決して前向きな印象は受けない。

でもなぜか生きようと思える。

 

そしてギターがめちゃくちゃ好き。

1:29あたりからのフレーズも好きだし、後半に進むに連れて迫り来る感じもいい。

 

心臓に火をつけてくれる最新曲

2018年11月にリリースされた最新シングル、ライター

 


【MV】ライター/WOMCADOLE

 

応援歌という表現はなんだか似合わないけれど、「そんなところでくすぶってんじゃねぇよ」って言われているような、まさに心臓に火をつけてくれる曲。

熱量がすごい。

私はこの曲を聴いていて「惰性で仕事続けて、このままでいいのかな」とハッとさせられました。

 

WOMCADOLEらしいガツンとした演奏に、曲の最初と最後のコーラスが加わることで壮大さが出ているなぁ。

聴けば聴くほど好きになる1曲です。

 

間違いなく今後の邦ロックを引っ張っていく存在

ロックバンドはこうあってほしいなと個人的には思う。

ハイトーンボイスや踊れる系が流行り、最近では洒落た感じのバンドが流行っていますが、そろそろWOMCADOLEみたいな男らしくてアツくて骨太なロックを求めていませんか?