のんびりはるろぐ

遠距離恋愛中の20代女、一人でいる時間の過ごし方を模索中。

惚れるまで入れ込んでいるバンド、ビレッジマンズストアを全力でおすすめする

f:id:nonbiriharulog:20190305162337p:plain

IMPACT!ⅩⅣ出演アーティスト予習企画第2弾。

本当はあいうえお順で紹介したかったんだけど、居ても立っても居られなくなって書き始めました。

 

私が惚れるまで入れ込んでいるバンド、ビレッジマンズストアについて。

 

 

ビレッジマンズストアとの衝撃の出会い

ビレッジマンズストアを知ったのは2年程前。

なんでもっと早く知ることができなかったんだろうと本当に後悔している。

そのくらい大好きで、出会ってから世界が変わったといっても過言ではない。

 

初めて聴いたのはビレッジマンズ。

YouTubeでいいバンドいないかなといろんなMVを見ていたところ、おすすめに出てきたのがきっかけ。

この頃はどうも人気急上昇中みたいなバンドがしっくりこなくて、これ以降バンドにハマることはないのかななんて思い始めていた。

 

聴いた瞬間、頭を殴られたような衝撃。

曲を聴いて胸が高鳴るのは本当に久しぶりだった。

イントロからしてかっこよすぎる。

最後まで聴かなくてもわかる。

このバンド好きだ。

 

歌い出してからまた衝撃を受けた。

ボーカルのしゃがれた声や歌い方がめちゃくちゃかっこいい。

 

聴き終わって「いやー、え、えー?」みたいな意味わかんない声が出た。

良すぎて自分の頭が追いつかなかった。

まさにこんな音楽を求めていた。

心の奥底から湧き上がる衝動を掻き鳴らしているような、そんな印象を受けた。

 

あーーーーー!

なんかこの衝撃は本当に言葉にできないからとりあえず聴いてほしい。

言葉にすればするほど上手く伝わらない気がする。

MVとしては2:08あたりからの「これがビレッジマンズストアだ!」っていう感じが好き。

 


ビレッジマンズストア "ビレッジマンズ" (Official Music Video)

 

正直な話、おすすめは全曲

個々がいいのはもちろんなんだけど、バンド全体としての完成度が抜群。

曲良し!

ライブ良し!

 

YouTubeで初めて聴いて、そのあとすぐタワレコ行ってアルバム買ってきたんだけど、全曲いいの。

普通だったら「やっぱり最初に好きになった曲が一番かな」とか「好きなやつは好きだけど微妙なやつは微妙」とかなりそうなところですが、全部好き。

一番なんて決められない。

 

思わず拳を上げたくなるような熱い曲が多いんだけど、それだけじゃなくて切なさや優しさだったり、どこか懐かしさを感じる曲もある。

 


ビレッジマンズストア "眠れぬ夜は自分のせい" (Live Music Video)

 

眠れぬ夜は自分のせいとか、最新アルバムにも収録されている正しい夜明けなんかは胸に来る。

 

ステージに収まりきらないライブパフォーマンス

そして何よりライブがいい。

曲は好きだけどライブ行ったことない人とか、興味はあるけど観たことないって人は絶対観た方がいい。

度肝抜かれる。

 

MVに演奏シーンがあるから想像つくかと思うけど、想像の100倍以上熱くて心に響く最高のライブをやってくれます。

常に。

もう常に全力。

魂削ってライブやってるんじゃないかってくらい。

だから観ていても全力で笑顔になれるし泣ける。

 

人間味もダダ漏れだよ。

常に剥き出しで客席に向かってくるよ。

あれだけ汗まみれになって命賭けてライブやってくれてるんだもの。

だからこそ伝わってくる。

心動かされるし、何度も救われている。

 

それでいてスターなんだ。

数百人キャパでも数万人キャパくらいの熱量とライブパフォーマンス。

それはきっと私が知る何年も前から積み重ねてきたものだと思う。

本当にいいライブするんです。

アリーナでできるよ。

私の中では大スター。

正直そのへんのライブハウスじゃ狭すぎるよ。

 

ステージに収まりきってないし。

客席に身を乗り出したりとか、ダイブしてきたりとか、ライブハウス全体がステージ。

それ故の会場の一体感もすごい。

 

ただ、少し思うことがある。

もちろんライブハウスでのライブは楽しい。

そりゃあステージとの距離も近い方が自分にとっては嬉しいかもしれない。

でもそれ以上に、もっと大きい会場で思う存分動き回るビレッジを観てみたいという気持ちが次第に強くなっている。

 

少しでも興味持った人は曲聴いて、ライブハウスに足を運んでほしい。

 


ビレッジマンズストア「サーチライト」 (Official Music Video)

 

ね、めちゃくちゃいいでしょ?

 

本当はもっといろいろ細かく1曲1曲良さを力説したいくらいなんだけど、それはまた次の機会にでも。