のんびりはるろぐ

遠距離恋愛中の20代女、一人でいる時間の過ごし方を模索中。

半年経って気づいた、遠距離恋愛のメリットと長続きのコツ

こんにちは。

マイペース人間はるのんです。

 

前回一瞬だけ触れたのですが、私には今お付き合いしている彼がいます。

5年ほど前から付き合い始め、この春から遠距離恋愛となりました。

 

遠距離恋愛なんてデメリットしかない!と思っていましたが、半年経って気づいたメリットもあります。

まだ半年、されど半年ということで、遠距離を続けるために意識しているコツ(?)も併せて書き記します。

 

f:id:nonbiriharulog:20181105030528p:plain

 

 

遠距離恋愛のメリット

デートが旅行感覚になって楽しい!

近くにいた頃のデートの行き先はいつもお決まりの店だったりして、あまり新鮮味がありませんでした。

遠距離恋愛が始まってからは地元を離れた彼の元に遊びに行くようになったので、回数こそ少ないですが、行き先は毎回初めて行くところばかりです!

観光地を巡ったり名物を食べたりして旅行気分が味わえます。

 

お互いを尊重するようになる

以前はお互いくだらないことで機嫌を悪くすることもありました。

今は1,2か月に一度のペースでしか会えないので、久しぶりに会ったときは楽しく過ごせるように心がけています

そのおかげで一番最近険悪になったのがいつか思い出せないくらい、喧嘩や別れ話はしばらくしていないです。

 

存在の大きさに気づく

この半年間、休日に何をすれば良いのかわからない日々が続きました。(笑)

友達がいないわけではないけれども、付き合い始めてからは友達よりも誰よりも長く一緒にいました。

行ってみたいイベントや店があれば真っ先に彼を誘っていたので、今となっては誰を誘えば良いのかわかりません。(笑)

一人でも毎日楽しめるようにならなければなぁと思っている最中ですが、それだけ私の生活に占める彼の割合が大きかったのだと気がつきました。

 

電話が増える

会えない分、電話の回数が増えました。

愚痴を話すわけではないのですが、仕事で嫌なことがあった日も電話でどうでもいい話をしているだけで気持ちが軽くなります。

離れていても彼が心の支えになってくれていることを実感しました。

 

結婚を考えるようになる

すぐ会える距離にいた頃は具体的な結婚の話はまったく出ませんでした。

離れてからは、結婚すれば一緒にいられるということで、いつ頃結婚するのがお互いにとって良いタイミングなのかという話を自然とするようになりました

先が見えない状態で遠距離がスタートしてしまい不安でしたが、今では彼の方から結婚の話題を出してくることもあり、ほっとしています。

 

遠距離恋愛を長続きさせるコツ

まだ遠距離になってから半年なので、偉そうにコツを言える立場ではないかと思いますが、自分なりに意識していることがあります。

 

会ったあとすぐに次会う計画を立てる

なかなか会えない日が続くと、次はいつ会えるのか不安な気持ちになります。

不安な期間よりも会うのが待ち遠しい期間を長くするために、会ったあとすぐに次会う計画を立ててしまいます!

そうすることで、次はどんなところへ行こうか考える時間が長くなるので、寂しい気持ちよりも楽しみな気持ちの方が大きくなります

 

テレビ電話をする

顔が好きとかいうわけではありませんが、画面越しであっても元気そうな顔を見ると安心します。

LINEでテレビ電話をすると、画面を見ながら一緒にできるゲームがあって面白いですよ!

 

自分の気持ちは正直に話す

離れていても一人で元気に楽しく過ごせるように心掛けていますが、やはりふと寂しくなる時もあります。

寂しいのはお互い様なんだからあまり「寂しい」ばかり言いたくはないですが、それを隠しすぎるのも良くないのかなと思います。

たまには寂しい気持ちも話して、「俺がいなくても一人で十分楽しそうにしてるな」とは思われないようにしています。(笑)

 

 

なんだか書いてて気恥ずかしい記事になってしまいましたが、もしこの先挫けそうになってしまったら自分でこの記事を見返して頑張ろうと思います。(笑)