のんびりはるろぐ

遠距離恋愛中の20代女、一人でいる時間の過ごし方を模索中。

お金の有難みはブログが教えてくれた

こんにちは、はるのん(@s_y_7d)です。

 

先日、アドセンスに合格した記事を投稿しましたが、それから駄菓子屋さんでちょっぴりお菓子を買えるくらいの収益が発生しました。

数十円がこんなに嬉しいなんていつぶりだろう?

もしかしたら初めてのことかもしれない。

 

同時期にアドセンスに合格したブロガーさんたちも、収益が1円発生したことに喜んでいたりして、大人が数円・数十円に喜べるってブログを始めなければなかなか経験できないことだなと思いました。

 

f:id:nonbiriharulog:20181123055907p:plain

 

 

お金の有難みをわからずに過ごした25年

こんなこと言ったらなんてやつだと思われるかもしれませんが、生まれて25年、お金の有難みがいまいちわからずに過ごしてきました。

お金は大事なものというのは頭ではもちろんわかっていますが、今までの生活の中でお金を稼ぐ大変さをそこまで強く感じたことはありません。

 

アルバイトを始めて

アルバイトを最初にしたのは大学生になってからでした。

親や親戚から、「アルバイトを始めるとお金の有難みがわかるでしょ?」とか「お金を稼ぐって大変なことでしょ?」とよく言われたのですが、当時の私はどうもそのことにピンときていなかったです。

 

居酒屋のホールスタッフとして働き始めた大学生の私。

時給はその頃の最低賃金とほぼ同じ700円台でした。

明るく元気なタイプではないので、元気がないと注意されることもありました…。

それでも、働くのが大変とは思わなかったです。

注文を取り、料理や飲み物を運ぶことを5時間ほど繰り返せば3,500円以上もらえる。

高校生の頃はお小遣い5,000円だったので、2日働けばそれまでのお小遣いを余裕で超えてしまう。

今までなんとなくテレビを見て過ごしていた時間をアルバイトに充てるだけで、こんなにお金がもらえるなんて最高だなって思いました。(笑)

 

社会人になって

社会人になって一人暮らしを始めました。

「一人で生活するって大変でしょ?」なんて言われましたが、これまた大変とは思わなかったです。

思ったよりも簡単に一人暮らしを始められたし、少ない給料ですが贅沢をしなければ当たり前のように普通の生活を送れています。

 

仕事は大変だし辞めたいとも思いますが、稼ぐって大変だなぁとは思いません。

文章にすると矛盾しているように聞こえますが、「このくらいの業務でもこれだけお金がもらえてしまうんだ」という感覚です。

向上心がないとかではなく、自分の働きに対する価値を低く見積もっているからだと思います。

 

ブログを始めて変わったお金に対する価値観

ブログを開始して約1か月半、アドセンスに合格してからは約2週間経ちました。

数十円の収益が発生したのですが、お金を稼ぐって大変だなぁと感じています。

私の中で、お金に対する価値観が変わりつつあります。

 

お金を稼ぐのは大変

1か月半で27記事書きました。

ブログに掛けた時間は記録していないけど100時間は確実に超えています。

収益は数十円です。

お金を稼ぐのって大変だ。

収益化を第一優先にしていない、稼げる記事を書けていない、まだ始めてから期間が浅いというのもあると思いますが…。(ちょっと言い訳がましい)

 

数十円の価値

自分が作ったものを介して収益が発生している。

それが数十円だとしても、とても嬉しい!

 

自分でお金を稼ぐようになってからは、割り勘のときの端数なんて気にしていませんでした。 

でも今ではその数十円がとても貴重なものに思えます。

 

ブログを始めて良かった

ブログを始めていなければ、お金の有難みがわからないままこの先数十年過ごしていたことでしょう。

20代のうちにお金の有難みに気づくことができて良かったです。