のんびりはるろぐ

遠距離恋愛中の20代女、一人でいる時間の過ごし方を模索中。

【アシュラシンドローム】RSRのステージに立つ夢を実現してくれ

【アシュラシンドローム】RSRのステージに立つ夢を実現してくれ

IMPACT!ⅩⅣ出演アーティスト予習企画第5弾、アシュラシンドローム。

 

 

歌詞や青ばんまで、お父さん大活躍 

YouTubeで1番再生数の多いMVから見てみることにしているのですが、アシュラシンドロームのMVで1番再生されているのは山の男は夢を見た

や、山の男は夢を見た…?

 


「山の男は夢を見た」アシュラシンドローム

 

インパクト強い!

曲が入ってこないくらい歌詞が気になる…。

いや、でもよく聴くと曲自体はかっこいいような?

やまー!やまー!やまー!

???!!

どうしてこうなった?!

 

あとから調べてみると、この曲の歌詞はボーカルのお父さんのJP青木さんが書いたということが判明!

お父さん…!(笑)

この曲のと言いましたが、この曲が収録されているミニアルバム『親父越え~親父編~』の作詞はすべてJP青木さん!

バンドマンからどうやったらこの歌詞が生み出せるのかと考えていたところ、作詞がお父さんとわかり妙に納得しました。

お父さんが送りつけてきた歌詞に曲をつけてCDまで作るとはすごい。

 

そしてこの曲はのちにサッカーチーム・柏レイソルの応援歌(チャント)の原曲となったそうです。

柏の男は夢を見たという曲名でYouTubeにもアップされていましたが、たしかに応援歌向きで盛り上がりそう!

 

お父さんが作るのは歌詞だけではありません。

青南蛮の醤油漬け、通称「青ばん」を作って送ってきたところ、おいしいと話題に。

この青ばんはライブ会場で人気商品として販売されています!

調べてみたらクックパッドに青ばんを使った料理のレシピまで載っていました。

ごはんといっしょ青ばんという曲まで存在します。

 

なんだかここまでお父さんの話ばかりになってしまいました。

ちょっとお父さんのことは一旦置いておきます。

 

真面目モードのかっこよさ

2番目に再生数が多いのが月はメランコリックに揺れ

 


「月はメランコリックに揺れ」アシュラシンドローム

 

ただただかっこよかった。

山の男は夢を見たを聴いたときは面白系なのかな?と思ったので、予想以上にかっこいい曲が流れてきてビビりました。

サビの「アーイェー」ってところでパッと光が射してくるような感じが好きで、何度も聴きたくなる。

 

ロックと歌謡曲の融合 

アシュラシンドロームを予習していて、いろんな人におすすめしたい!と思ったのが、男が女を唄うとき

MVにはチュートリアルの徳井義実さんも出演していて豪華。

 


「男が女を唄うとき」 アシュラシンドローム

 

私は歌謡ロックと評されるような曲が好きなのですが、これはドンピシャ!

めちゃくちゃかっこいい!!

ロックとしてのかっこよさと、メロディーや歌詞の歌謡曲っぽさが上手く合わさっている!

 

出だしはどんだけ渋い曲なんだ?と思いきや、0:37あたりで爆発します。

音量注意。(笑)

是非ライブで聴いてみたい!

 

RSRに掛ける想いの強さ 

そしてアシュラシンドロームは北海道の音楽フェス、ライジング・サン・ロックフェスティバル(RSR)に掛ける想いが強い。 

 

ボーカル青木亞一人さんが北海道出身ということもあり、アシュラシンドローム結成前からRSRに対する憧れがあったそうです。

そして、2017年RSRでは親交の深いバンド・打首獄門同好会のゲストボーカルとしてステージに立ち、来年RSRに出場すると宣言。

2018年はRSR出場となりませんでしたが、その翌週にZepp Sapporoにて「アシュラシンドローム、来年こそはライジングに出てやる宣言式典」を行いました。

 

聴けば聴くほどかっこいい曲が多くて応援したくなります。

若い世代だけでなく、幅広い世代に受け入れられそうなバンドという印象を受けました!

より多くの人に広まって今年のRSRに出られますように。